ライナ好きYPの遊戯王ブログ

主に新カード・デッキ考察をしていくブログ(予定)

《無限起動リヴァーストーム》 について考えてみる【遊戯王カード考察】

無限起動リヴァーストーム スーパーレア 遊戯王 インフィニティ・チェイサーズ dbic-jp007

 

カード効果

 

《無限起動リヴァーストーム》 
エクシーズ・効果モンスター
ランク5/地属性/機械族/攻2500/守 500
レベル5モンスター×2
このカード名の(1)(3)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードのX素材を1つ取り除いて発動できる。
デッキから機械族・地属性モンスター1体を選び、手札に加えるか墓地へ送る。
(2):このカードが戦闘で相手モンスターを破壊した時に発動できる。
そのモンスターをこのカードの下に重ねてX素材とする。
(3):このカードが墓地に存在する場合、
自分フィールドの機械族リンクモンスター1体をリリースして発動できる。
このカードを守備表示で特殊召喚する。

 


収録パック→『デッキビルドパック インフィニティ・チェイサーズ』

 

 

 

各効果について

 

地属性・機械族のランク5エクシーズモンスター。

(1)の効果は、地属性・機械族のモンスターをサーチもしくは墓地へ送る効果。

手札か墓地のいずれかを選べるため柔軟性は非常に高い。

 

 

(2)の効果は、戦闘破壊したモンスターをエクシーズ素材にする効果。

攻撃力は2500と上級モンスターの帝たちは超えているので、難しいということはないだろう。

 

昨今の環境においてエクシーズ素材を使い切るのは稀であるため、蘇生や帰還後にエクシーズ素材を補充し、続くメインフェイズ2に(1)の発動のが目的となる。

また、エクシーズ素材として保持し続ける事で、相手の墓地利用を妨害できる。

 

 

(3)の効果は、機械族リンクモンスターをリリースする事でこのモンスターを墓地から特殊召喚できる効果。

 

機械族リンクモンスターは軽い素材で出せる低いリンクも多く存在するのでコストを用意する事は難しくない。


蘇生は守備表示なので表示形式変更カードがなければ攻撃できない。

《迅雷の騎士ガイアドラグーン》や「RUM」を使えばアタッカーに変えられるので、ぜひとも採用しておきたい。

 

 

 

 

相性の良いカードとその理由
  • 《無限起動ゴライアス》

リンク1の機械族モンスター。

フィールドから墓地へ送られた場合、自分フィールドのXモンスターの下に重ねてX素材とするできる効果を持つ。

(3)の効果の発動コストにすれば即座にエクシーズ素材ができ、(1)でアドバンテージを得られる。

遊戯王カード 無限起動ゴライアス (ノーマル) インフィニティ・チェイサーズ(DBIC) | リンク・効果モンスター 地属性 機械族


  • 《迅雷の騎士ガイアドラグーン》

ランク5・6エクシーズモンスターに重ねて召喚できるモンスター。

(3)の効果でも蘇生は守備表示のため、通常は蘇生ターンに攻撃に加われない。

だが、このモンスターを重ねればアタッカーを生み出せる。

 

遊戯王/第7期/8弾/GAOV-JP046SR 迅雷の騎士ガイアドラグーン【スーパーレア】